cosmic circus

Sowa sowa

プラハから帰ってきて1週間。元気でソワソワしてる。疲れなのか毎日12時間寝てる。デジャヴみる。変な夢を見るのは引き続き続いている。
動きたい〜!きゃー!ってしてる。でも知らぬ間に寝ている。
たくさんの友達が気にかけてくれてて、おかえりーが嬉しかった。ずっと日本にいたら気がつかなかった事は沢山ある。プラハに行ったから知った事もたくさんある。
細胞がまだヨーロッパ式。困ったなぁ。。

[PR]



# by 7ebon | 2017-12-15 17:46 | ニッキ

HELLO

夏から秋になって、冬になったら秋に行って冬に戻って。
刻々と変化しているのがよく分かる。
飛行機に乗ればあっという間に気候が変わる。
その度に慣れるまで眠ったりしなきゃ対応できないみたいだけど。。

ここ数ヶ月で「こんにちは と ありがとう」だけだけど、日本語を含む
4カ国語使った。第一声はどれだっけ?って焦る。
日本語はあまりでてきてないけど。
チェコやスペインで日本人じゃない方に「ありがとうございます」って言われると、びっくりする。
それにもすぐに反応できない自分がいたけど、一瞬考えて、日本語の発音で「ありがとうございます」と答える。
海外でありがとうございますって言われると、より丁寧な気がして、なぜか日本語を発音しようっと思うのでありました。

いつ、どこに行っても、毎回思うことは、写真では伝えきれないこと。
写真でみるなら写真家のphotoを見た方が伝わる気がする。
今回のBarcelonaへの目的はGaudi建築を見ること。
建築物は動きませんので、現地に行かなくてはならないし。

私が感じた感じは
Casa Batllo 海の世界。
すごく好き。海はすごく好き。

Casa Mila 砂漠というか砂というかの世界。
屋上の煙突はどうみてもローマ兵に見える。建物の内側は螺鈿のような色をしていたけど、やっぱり砂。砂漠地帯の曲線。

Casa Vicens 花の世界。
建物全て花で飾られていて、とても可愛らしくてハッピーな感じ。

Palau Guell 火の世界。
建物正面しかみてないけど、怖さがあって、鉄で作られた楔のような形と鳥が吠えてる。Gaudiの振り幅に驚く。

Park Guell トカゲが居たな、、南国だったな。

Sagrada Famillia 建物の内外が全く違う。
内側は自然の全て。
ここは特に植物と植物と生きる生き物たちが生きてる。
外側はイエスのストーリーが生々しく描いてある。
私はGaudiが作った生誕のファザードより
ジョゼップ マリア スピラックス作の受難のファザードに興味が湧きました。
しかし!これからできる栄光のファザードは本当に素晴らしいものなのだろうなと
思う。
私は、サグラダファミリアの中の世界が一番すきです。
明らかに、違う空気がある。
何がきっかけかはわからないけど、滞った気を一瞬で持って行ってくれる場所や自然にある石や木とかがあるんだけど、その一つでした。
私に合っているということ。
合っているということは、また訪れるべき場所であるということだと思っている。
私だけではないはず。教会だけど教会の建築スタイルではない。
でも、これが本当の型であるように思う。
世界という地球の原点。ここに人は集まるだろうね。

ガウディの建築物はワクワクしかなかったな。
Guell教会に行けなかったのは残念です。


耳に太陽光をあてると体調が良くなるらしいと前に聞いていたので、
グエル公園の入場待ち時間の大半を使って耳に光を当てていた。
それでかどうかは定かではないけど、視力がよくなった気がする。
こんなに見えていたはずがない!
っと目にレンズが入ってないか何回も確認したくらいだ。

身体は不思議。








[PR]



# by 7ebon | 2017-11-26 07:10 | ニッキ

犬天国

産まれた時から近くにはいつも犬がいました。
もちろん、ウチでも飼ったし、親戚の家には必ずいるし、小学校の通学には毎日途中まで親戚の家の犬が送ってくれていました。
でも、自分のウチで飼っていた子が亡くなってからは自分で飼うことはしなくなっていた。
プラハに来て、犬のいる生活がまたスタートしたことがすごく嬉しい。
私のいるアトリエだけでなく、プラハは犬天国なのだ。
これこそ、日本との違いにびっくり。とにかく犬に優しい。
躾はすごくしっかりしていて、本当に利口な子ばかり。関心する。
なので、交通機関に普通に乗っていい。
リードなしで散歩もできる。
お店にも一緒に入れるところの方が多いのでは。
うんこ袋が区によって違うけど道に設置してあって、ゴミ箱もある。
犬種も小型犬から大型犬まで数多く見ることができる。
プラハの人は犬に寛容。
チェコ?プラハ?イメージがつかなくてもヨーロッパに犬を見に来るだけでもありだと思う。
私はチワワからボクサーとか狼サイズまで一通りお見かけした。
そしてプラハだったらデカイ犬が全力で走ってきても怖くない。
むしろ、安心してどんとこい!ってのは犬好きならではの話で、
犬が嫌いな人には『ぎょ!』っとするだろうし、怖すぎるだろうけど、、、

そのわりには写真は撮ってませんね。ははは



[PR]



# by 7ebon | 2017-10-21 22:16 | ニッキ

ごくたまにブログに書く。

交差点で人とすれ違う時、聞こえる声がある。
真横に来る瞬間、相手がイライラしていたら『チッ」とか『⚫️⚫️』とか。
良い言葉はないの。
数年前まで頻繁に聞こえていたんだけど、今日は久々に聞いてしまった。
これを聞くと、自分に文句言われたんだなって感じがいやだったけど、
今日はあることに気がついた。
私は頭の中がパーっと別世界に入っているとき、視線が定まっていないかも。
全く見ていないのに、前から来る人には、自分の方ずっと見てるって思われてる。
それで傘で殴られた経験もある。
前は本当に呪いじゃないかって思っていたけど、今日気がついて、自分も悪いのだと反省した。
けど、頭は突然分裂してパーっとしてしまう。
まさに、今日それが起こったことは奇跡のようで、とても嬉しくなった。
すれ違いざまに『チビ!』と言われようが、それによって気がついた事が良い事だったから。
頭パー!(これは超敏感の感覚)がなくなってから数年たっている。
いつ無くした?無くした事には気がついていて、どうしても戻ってきてほしかった感覚だ。
そして感覚が戻ってくるという事には莫大なリスクもあるから、本当に必要か?と自分に問いかけていたりもした。
人の声、人の事、良い事も悪い事もよく見える、聞こえる。嫌だなって思う事たくさんあった。
けど、人以外のものも聞こえて見えるような感じがある。
これは無くしたくなかった。ここに感情があるから。
ここ数日、上野とか池袋とか、なかなか行く機会のない繁華街へいって、久しぶりに好きなバンドの、好きな人たちの音楽を聴いた。
見るものは全てバラバラにばらけて見えるけど、その光景に見合った音楽が私の中に流れている。
遅いかもしれない。けれど、捕まえたいそれが宙に浮いて、交差点まで引き寄せた。
今も尚、不安。明日になって忘れては困るから。
usacoに願おう。100%でありますように。


今日は初めて七尾旅人の生声を聴いた。たぶん。
いい声だった。少年のよう。
午後3時、秋が香る風が吹いて、野外ステージでは少年の様な声で感情を歌う人がいた。その声は人を引き寄せて、好きも嫌いもない場所へ連れていってくれた。
そのあと、優しい片想いを聴いた。


[PR]



# by 7ebon | 2017-09-09 20:43 | ニッキ

まだなのか

行けるところまで堕ちていたと思っていたが
まだ先があるようだ。
まだまだ先は長いのか。

[PR]



# by 7ebon | 2017-08-12 21:30 | ニッキ

頭の中
by コスモナナエ
画像一覧

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧