cosmic circus

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧




一聴惚れ

a0136578_16154163.jpg


ああ 秋

「一目惚れ」があるなら「一聴惚れ」もあるでしょ?
見るではなくて、聴くのほう。

10年ぶりくらいに、JAZZのライブハウスに出かけた。
10年前はというと、わりと浴びる様に生演奏を聴く日々が日常にあったのでした。
そこを辞めた後、JAZZからは離れていたみたい。

昨日、海野雅威さんのピアノトリオの演奏を聴きにいった。
海野さんはJAZZピアニストで、現在はニューヨークで活躍中なので、
日本で聞けるのは1年に1機会。
そのことは知っていて、気にしていたけどタイミングは今でした。
そして、この人こそ、私の「一聴惚れ」現象が起こった人。
初めて聴いたときから好きです。それも10年前くらい。

JAZZのライブハウスっていうと、結構入りにくい雰囲気があるんだけど、
1度入ってしまえば居心地はとてもいい。
薄暗くて、落ち着いてる。
今回は南青山Body&Soulで、初めて行ったけど広くなく、狭くない
臨場感が味わえる素晴らしいサイズだなっと思いました。

海野さんのトリオのメンバーはHPでじっくりチェックがいい。
Tadataka Unno HP

ベースの方は歳の人だけど、大物との共演歴が沢山ある人で、
ドラムの方も若い、新進気鋭のこれまた大物との共演歴が多々。
大物の名前は聴けば分かる感じだったし!
そして演奏も素晴らしすぎた。

音楽をそのまま伝えたい気がしますけど、できないので、
私は自分の世界の感覚で覚えている。

「温泉」みたいだった。
ライブの、音楽の話なんですけどね。
きっと、音楽を生で聴くことが少なくなっったから体の細胞がなよっとしていたんですね。
1曲目の始めで感じたのは、温泉に入る時の「ぐあ〜」ってなる感じ。
露天だったな。
外の開放感と、お湯のまとわりつき感。
進んでいくうちに体の全細胞に浸透してどんどん甦っていく。
最終的にはぽっかぽかの爽快感!
リズムと音とグルーヴが温泉のように心地よかったってことを言いたいだけで、
これは音楽の話です。

バラード曲では、シャボン玉の感じ。
音が気体の構造物になって浮いたと思ったら弾ける。
弾けたものからキラキラした音が飛び散って本当にキレイだった。

海野さんのオリジナル曲も半分くらいセットに入っていて、
土の大地がみえたり、ダンスがみえたり、
かとおもえば、スタンダードの曲はみっちりとJAZZらしい
JAZZの面白さが満載で楽しかった。

10年もあれば凄く変化がある。
私の音楽の聴き方、感じ方も成長している。
だからこそ楽しいのだなって思う。

でも、一番楽しいのは演奏してる人達なんだよなーって実感する。
あああああ、、、、、、、、
[PR]



by 7ebon | 2015-11-15 16:47 | ニッキ

頭の中
by コスモナナエ
画像一覧

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧