cosmic circus

<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧




HELLO

夏から秋になって、冬になったら秋に行って冬に戻って。
刻々と変化しているのがよく分かる。
飛行機に乗ればあっという間に気候が変わる。
その度に慣れるまで眠ったりしなきゃ対応できないみたいだけど。。

ここ数ヶ月で「こんにちは と ありがとう」だけだけど、日本語を含む
4カ国語使った。第一声はどれだっけ?って焦る。
日本語はあまりでてきてないけど。
チェコやスペインで日本人じゃない方に「ありがとうございます」って言われると、びっくりする。
それにもすぐに反応できない自分がいたけど、一瞬考えて、日本語の発音で「ありがとうございます」と答える。
海外でありがとうございますって言われると、より丁寧な気がして、なぜか日本語を発音しようっと思うのでありました。

いつ、どこに行っても、毎回思うことは、写真では伝えきれないこと。
写真でみるなら写真家のphotoを見た方が伝わる気がする。
今回のBarcelonaへの目的はGaudi建築を見ること。
建築物は動きませんので、現地に行かなくてはならないし。

私が感じた感じは
Casa Batllo 海の世界。
すごく好き。海はすごく好き。

Casa Mila 砂漠というか砂というかの世界。
屋上の煙突はどうみてもローマ兵に見える。建物の内側は螺鈿のような色をしていたけど、やっぱり砂。砂漠地帯の曲線。

Casa Vicens 花の世界。
建物全て花で飾られていて、とても可愛らしくてハッピーな感じ。

Palau Guell 火の世界。
建物正面しかみてないけど、怖さがあって、鉄で作られた楔のような形と鳥が吠えてる。Gaudiの振り幅に驚く。

Park Guell トカゲが居たな、、南国だったな。

Sagrada Famillia 建物の内外が全く違う。
内側は自然の全て。
ここは特に植物と植物と生きる生き物たちが生きてる。
外側はイエスのストーリーが生々しく描いてある。
私はGaudiが作った生誕のファザードより
ジョゼップ マリア スピラックス作の受難のファザードに興味が湧きました。
しかし!これからできる栄光のファザードは本当に素晴らしいものなのだろうなと
思う。
私は、サグラダファミリアの中の世界が一番すきです。
明らかに、違う空気がある。
何がきっかけかはわからないけど、滞った気を一瞬で持って行ってくれる場所や自然にある石や木とかがあるんだけど、その一つでした。
私に合っているということ。
合っているということは、また訪れるべき場所であるということだと思っている。
私だけではないはず。教会だけど教会の建築スタイルではない。
でも、これが本当の型であるように思う。
世界という地球の原点。ここに人は集まるだろうね。

ガウディの建築物はワクワクしかなかったな。
Guell教会に行けなかったのは残念です。


耳に太陽光をあてると体調が良くなるらしいと前に聞いていたので、
グエル公園の入場待ち時間の大半を使って耳に光を当てていた。
それでかどうかは定かではないけど、視力がよくなった気がする。
こんなに見えていたはずがない!
っと目にレンズが入ってないか何回も確認したくらいだ。

身体は不思議。








[PR]



by 7ebon | 2017-11-26 07:10 | ニッキ

頭の中
by コスモナナエ
画像一覧

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧